株式会社 バイオレンジャーズ

バイオ(微生物)による油・VOCの汚染の浄化、土壌・地下水汚染の対策、排水の処理を実現するバイオレメディエーション

HOME > 土壌・地下水汚染浄化の最前線 > 複合微生物製剤を適用した揮発性有機塩素化合物による汚染の浄化

Technology Column土壌・地下水汚染浄化の最前線

Vol.3複合微生物製剤を適用した揮発性有機塩素化合物による汚染の浄化

はじめに

揮発性有機塩素化合物とは、トリクロロエチレンやテトラクロロエチレンなどに代表される常温・常圧で空気中に揮発しやすく、塩素が結合した有機化合物である。これらは発がん性物質であり、我が国においてもトリクロロエチレンなどによる地下水の広範囲汚染が、1980年代に環境庁(当時)調査で明らかになった。全国の工業地域や都市域では、地下水汚染防止条例が制定され、環境庁(省)も水質汚濁防止法の改正や土壌汚染対策法の施行などで対応してきた。

揮発性有機塩素化合物に関しては、平成21年度に地下水の水質汚濁に係る環境基準にクロロエチレン、1,2-ジクロロエチレンが追加され、平成29年4月には土壌の汚染に係る環境基準にクロロエチレンが追加された。これらは、トリクロロエチレン等の分解により生成し得る物質である。

ページトップヘ

バイオレメディエーションの利点と課題

バイオレメディエーションは、微生物の有機物(エサ)の代謝に注目し、汚染物質を分解する技術である。これは、微生物の活動そのものを利用するので、従来の掘削除去や熱処理などの浄化対策と比較して、投入エネルギーが少ない。ただし、汚染現場に元来生息する微生物を活性化して浄化する技術(バイオスティミュレーション)では、土着微生物を扱う点から、汚染現場での有効性、浄化期間等、不確定な要素について懸念されている。

弊社では、多種多様な汚染物質に対応するため、複合微生物製剤(微生物コンソーシアム)を使用している。

ページトップヘ

ページトップヘ